道は12月10日、新型コロナウイルスの新規感染者数は減少の兆しがみられはじめたものの、全国の中でも非常に高い水準で推移していることから、新型コロナウイルスの集中対策期間を来年1月15日まで1か月延長することを決定しました。
このことを踏まえ、当社の独自の取り組み「新型コロナウイルス感染防止強化期間」を再延長し、さらに旭川本社における出勤抑制などの対策を追加し、下記のとおり感染防止策を集中的に実施いたします。
なお、当社のコロナ対応要領「レベル1」における感染防止対策は引き続き実行し、感染防止に努めてまいります。

 

<感染防止強化期間(延長)>
2020年12月12日(土)~2021年1月15日(金)(当初の始期:2020年11月18日)

 

<実施する感染防止-強化-対策>
1 不要不急の札幌と他の地域との往来を原則自粛する。
2 行動制限がされている道外地域との往来を原則自粛する。
3 営業部等で行っている年末年始のあいさつ回りを原則自粛する。
4 接待・会食等は必要性を検討した上で可能な限り自粛する。ただし、接待・会食等を行う場合は感染リスクが回避できる場所とし、原則4名以内、2時間以内とする。
5 旭川本社、札幌支店および東京支店への通勤者は在宅勤務・時差出勤を実施する。

――――――――――――――――――

なお、旭川本社、札幌支店および東京支店においては、営業体制を在宅勤務でご対応させていただく場合がございます。皆さまには大変ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。