東京都渋谷区「千駄ヶ谷北参道施設(仮称)建設工事」の社長現場パトロールを実施しました。

 

実施日 :平成28年12月21日(水)

工事名 :千駄ヶ谷北参道施設(仮称)建設工事
場 所 :東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目25-14
発注者 :渋谷区役所
施 工 :荒井建設㈱ 東京支店
工 期 :平成28年6月22日~平成29年3月24日
作業所長:田中誠一(現場代理人、監理技術者)
職 員 :笠井康宏

◎報 告
まず、最初に田中所長から現場事務所において工事概要と進捗状況の説明がありました。工事の進捗は、当初の計画より多少遅れているが、来年の1月 10日までには取り戻せる予定であるとの説明がありました。続いて、現場パトロールをおこないました。当日は、1・2階の内装工事、 電気・給排水設備工事、屋上防水工事など、混在して作業が進められていました。屋上では、VE提案が採用されたアスファルト防水材について常温で 施工できるためトーチ工法より施工時の体感温度が5~7℃程度下がり、熱中症対策にもなっているとの説明がありました。社長からは「狭い現場なので、整理整頓を行い安全通路を確保して事故防止に努めること。また、カーテンウォールの未施工部分を転落防止のためにシートやサインロープ、標識を設置しているが、再度転落の危険要因がないのか確認すること。外部足場の真下が歩道なので、足場解体時は第三者災害の防止を徹底すること。」と指導がありました。

報告:東京支店長 今野勝信