「天塩川改修工事の内 幌延地区堤防天端保護工事」の社長現場パトロールを実施しました。

 

実施日:平成28年9月13日(火)

工事名  :天塩川改修工事の内 幌延地区堤防天端保護工事
場 所  :幌延町
発注者  :国土交通省 北海道開発局 留萌開発建設部
請負者  :荒井・北建 経常建設共同企業体
工 期  :平成28年4月16日~平成28年11月8日
作業所長 :山﨑潤司(現場代理人・監理技術者)
職 員  :小坂和之

◎報告
本社を出発して、11時に幌延の天端保護工事の現場事務所に到着しました。まず初めに現場事務所において、山﨑所長から地図を利用しながら工事概要や現状の説明がありました。社長は、山﨑所長の分かりやすい説明に関心した様子で、また多くの質問もしていました。特に築堤の高さが場所によって高いところや低いところがあるという説明に、今回大雨による災害があったので熱心に聞いていました。
続いて、現場に向かい施工状況のパトロールを行いました。合図員等が安全チョッキの識別により役割や責任が明確になっていることに、社長は感心していました。また、現場内には猛禽類が生息しており、重機の騒音等には慣れているが、親鳥は人の気配を感じると雛をおいて逃げる特性があると説明がありました。
最後に社長から、10月上旬完成を目指して再度気を引き締め無事故で完成するよう激励がありました。現場職員一同は、無事故で完成させますと気合を入れていました。

報告:土木部長 山本 裕