実施日 :平成26年7月16日(水)
工事名 :山谷小学校校舎棟改築工事
場 所 :東京都渋谷区代々木3丁目47-1
発注者 :東京都渋谷区
請負者 :鈴縫・荒井建設共同企業体
契約工期:平成25年6月17日~平成27年2月27日
当社職員:田中誠一

◎報 告
今回のパトロールは、学年2クラスしかない東京都内の小学校を改築する作業所です。社長は、当日旭川を朝一番の飛行機に乗り、その後待ち合わせ場所の渋谷区代々木駅に来きました。作業所までは駅から徒歩で十数分、猛暑の中、徒歩で工事事務所に着きました。その後、今野支店長が安全用具持参でパトロールに合流しました。事務所では、工事概要と今日の作業内容、作業人員等の報告および全体工程の進捗状況を説明しました。また、工事全体の配置や現場周囲の状況、作業時間、近隣対策等についても説明しました。社長は東京と北海道との違いについて興味を持ち、工期設定や工事金額、各役所の違いなど色々な質問がありました。事務所を出て工事現場に入りましたが、1階内部ではコンクリート面の左官補修準備のためサンダー掛けを行っていたので、場内は埃が充満していました。そのため、非常に蒸し暑い中でしたが、防塵マスク着用で場内をパトロールしました。社長から「脚立の使用方法の見直して、なるべく手がかり棒がついた“立ち馬”を採用して災害防止に努めるること。また、廊下の突き当たり部分が躯体と外部足場との隙間が大きいので墜落防止を図ること。」との指示がありました。
社長から最後に、「作業する工事現場ではヒューマンエラーをゼロにすることは難しい。しかし、最近当社において災害が続いており、この作業所においても最善を尽くすこと。また、熱中症対策を十分とること。」とお話がありました。

報告:東京支店 土木建築部長 田中誠一