新型コロナウイルス感染拡大に対する当社の社会貢献活動として「旭川市新型コロナウイルス感染症対策基金」への寄付および社員を対象とした「扶養者休業等支援基金」を創設しました。

 


新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さまとご家族および関係者の皆さまにお見舞い申し上げると同時に、亡くなられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。また、感染拡大防止にご尽力されている皆さまには深く感謝申し上げます。

当社は、2020年6月26日旭川市に創設された「旭川市新型コロナウイルス感染症対策基金」に第一号として500万円を寄付し、旭川市長より感謝状を拝受しました。これは、当社の創業者である荒井初一が生涯持ち続けた「地域への奉仕」の精神を受け継ぎ、北海道内における新型コロナウイルス感染症拡大の第3波、第4波に備えるため、また地域の方々が安心安全に暮らせることを願い、当社創業の地である旭川地域に微力ながら貢献したいとの考えによるものです。

また、これと同時に当社の持続可能性を高める取り組みの一つとして、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、社員のご家族の収入が休業等で減少した社員を対象に支援金を支給する「扶養者休業等支援金」を創設しました。

当社は、これからも微力ながら地域社会に貢献できる活動を続けてまいります。