平成29年度 第6回「社長現場パトロール」
2017/12/05 (木)
1512619995.jpg
実施日:平成29年12月5日(火)


工 事 名 :北竜温泉大規模改修1期工事
場   所 :雨竜郡北竜町字板谷地内
発 注 者 :北竜町
請 負 者 :荒井・平・北興経常建設共同企業体
工   期 :平成29年6月21日〜平成30年3月17日
作業所長 :笠井康宏(現場代理人・監理技術者)
職   員 :林啓一、深沢惟太、伊藤友希


◎報告
 社長による北竜温泉作業所の現場パトロール結果を報告いたします。社
長は、本社を朝9時に出発し、10時に作業所に到着され、早速、現場事務
所において、笠井所長から工事概要と改修工事内容の詳しい説明があり、
熱心に聞かれていました。 特にセンター棟屋上から約29.0m立ち上がる塔
の外壁・屋根の改修工事の状況について工事写真で確認され、 その中で、
外部サッシの改修工法として現場から提案し、採用された「非溶接(高強度
樹脂接合)工法」について笠井所長から説明があり、改修工事における火災
事故防止のため、特殊工法を採用した事に、関心されていました。

 続いて現場パトロールを行いましたが、現場は、ホテル棟・センター棟・
温泉棟と3棟に区分されていますが、昨日(12/4)ホテル棟・センター棟の部
分引渡しが完了していますので、今回は現在工事中の温泉棟内部のパトロー
ルを行われました。温泉棟内部の浴室では、現在内部仕上撤去作業、内部ス
テージ足場組立作業が行われており、「関係者以外立入禁止」となっていま
したが、社長自ら、足場組立作業範囲の付近まで行き、実際の作業状況を確
認されていました。

 現場パトロールでは、社長から「内部解体作業では予期せぬ事が起きやす
く、高所作業もあり危険を伴う作業と思います。また、既存仕上げ材の落下
も想定されます。作業は充分な安全対策のもと行ってください」と指示があ
り、屋外では現在の施設形状から、「工事中の落雪による災害が起きないよ
う、日々の積雪状況の点検を実施してください」との指示も受けております。
現場職員は、重大災害の撲滅に向かって安全管理に、より一層取り組むこと
を約束しました。


報告:建築部長 太田 道徳
平成29年度 第5回「社長現場パトロール」
2017/10/16 (月)
1508736751.jpg
実施日:平成29年10月16、17日(月、火)


工 事 名:一般国道228号 函館市 桔梗高架橋耐震補強工事
場  所:函館市
発 注 者:国土交通省 北海道開発局 函館開発建設部
請 負 者:荒井・中塚経常建設共同企業体
工  期:平成29年3月31日〜平成30年3月27日
作業所長:岡崎克勅(現場代理人・監理技術者)
職  員:坂口明久(中塚建設(主任技術者))


工 事 名:北海道新幹線 知内工区(その1〜その4工事)
場  所:知内町
発 注 者:北海道旅客鉄道株式会社
請 負 者:荒井建設株式会社
工  期:平成26年11月19日〜平成30年3月15日
作業所長:池田政之(現場代理人)    
職  員:歳桃美洋(主任技術者)飛騨野大介(主任技術者)
     三浦宏之 佐々木道義 三浦圭志 池田貢 山森大空
     上野昌志


◎報告
 社長による道南方面2作業所の現場パトロールが実施されました
。本社を朝8時に出発し、午後2時に函館江差自動車道の桔梗高架
橋耐震補強現場に入りました。最初に、現場事務所において岡崎所
長から工事概要と耐震補強装置の詳しい構造説明があり、社長は熱
心に聞かれていました。また施工箇所が点在していること、関係機
関との協議が進行中であり施工出来ないため、工程が遅れることも
心配されていました。橋台を補強するための鋼管杭は、橋桁直下で
の打設となるため、短い鋼管を機械式継手で連結し低空間・狭小場
所に適した油圧式全回転既製杭中掘り工法「スペース21工法」と
いう新工法で施工するのですが、その説明を興味深く聞かれていま
した。函館道路事務所管轄で耐震補強工事を施工する4業者による
連絡協議会を岡崎所長が立ち上げ、会長として地元業者との協議や
技術的な相談に応じていることに頼もしさを感じていました。

 現場巡視では、吊り足場上の作業を点検しました。橋のスラブ下
にアンカー止めされたガイドレールを使い耐震装置を吊り上げセッ
トする作業では、社長から「チェーンブロック、アンカーの不良等
により、吊り荷が足場に落ちたときには、作業員が吊り足場もろと
も落下し死亡災害につながる可能性があるので、日々の点検と作業
員の方への声かけを行なうこと」と指示がありました。


 翌日は北海道新幹線知内工区の現場に入り、現場事務所では、池
田所長、上野さん、飛騨野君が対応してくれました。池田所長から
現場進捗状況と追加工事の施工時期、数々の問題点の説明があり、
それに対する解決方法や社長の質問には、丁寧にわかりやすく返答
していました。また、新工種の斜め遮音壁、遮音工等については、
図面を使い、工事内容や施工の目的を説明しました。 社長からは
「海底トンネルとつながるシェルターの側面部コンクリート板を撤
去する解体作業は、確実な監視と作業手順の遵守を行い、列車運行
に支障を来たすことがないよう管理して下さい」と指示がありまし
た。

 現場巡視では、社長が約1年半ぶりの現地確認ということで、以
前には設置されていた青函トンネル入口部の仮桟橋と大規模な仮設
足場が、目的を果たし解体されており、壮大な柱と梁が立ち上がっ
ているのを確認されていました。梁の上に防音壁が並んでいる状況
を見て、壮観だとおっしゃられ、社長はマイカメラで、盛んにそれ
らを撮影していました。さらに木古内側に移動し、これから作業を
行なう箇所について、池田所長から説明を受けました。昼食は知内
町の「川波」にて事務所職員一同と頂きました。社長から挨拶があ
り「約3年の工事によって構築された壮大なものを見られて感銘を
受けました。感謝しています。現在居ない職員も含めて、現場に携
わった方々の長年の苦労が報われつつあります。残り約1年と聞い
ていますが、まだまだ苦労をかけることになりますので、宜しくお
願いします。また現場で事故を起こさないことと、各自の体調管理
に十分気を付けて下さい。旭川、札幌に帰省する時は、車の運転に
も十分注意をして下さい」と話がありました。

 社長パトロールに初めて同行しましたが、現場職員が多少緊張す
る感じが、私自身によみがえりました。自身数年前に受けた印象よ
り、社長から発せられる専門用語や技術者的質問が増えた事に驚い
た2日間でした。


報告者:札幌支店 函館営業所所長 大須賀 敏満
平成29年度 第4回「社長現場パトロール」
2017/09/20 (水)
1505968749.jpg
実施日:平成29年9月20日(水)


工 事 名:(仮称)ホリデイスポーツクラブ札幌発寒新築工事
場   所:札幌市手稲区新発寒2条1丁目1115-398
発 注 者:鞄件ヒ
請 負 者:荒井建設株式会社
工  期:平成29年6月22日〜平成29年12月20日
作業所長:渡邊輝英(現場代理人・監理技術者)
職  員:吉田卓也


◎報告
 社長によるホリデイスポーツクラブ作業所の現場パトロールを実施し
ました。まず、現場事務所において、渡邊所長から工事概要と工程等の
説明がありました。社長からは、この工事では同一敷地内に複数の工事
が混在しているため、工事に当たっての難しさについて質問がありまし
た。それに対し所長から、敷地内には5社の会社が入っており、また8
件の建物を施工しているとの返答があり、工期も異なるので、毎日合同
の打ち合わせをしているとの説明がありました。

 その後、現場に移動して、プールとなる予定の施工場所において、現
場状況の説明がありました。社長は、スポーツジムの機器に詳しく、ま
たヨガの経験もあるそうで、楽しく懇談することができました。最後に
社長は、鉄筋業者と型枠大工業者の方に挨拶をし、そこで働いている若
い二人を見て、今後も安泰ですねと声をかけていました。当社職員にも
「これからが大変になるので、事故の無いよう、また、体調に十分注意
して頑張ってください」と激励をいただきました。


報告:札幌支店営業部長 佐々木 秀明
平成29年度 第3回「社長現場パトロール」
2017/07/20 (木)
1500945660.jpg
実施日:平成29年7月20日(木)


工 事 名:28年災742号 落合停車場線外 災害復旧工事外
場   所:南富良野町
発 注 者:上川総合振興局(旭川建設管理部)
請 負 者:荒井建設株式会社
工  期:平成29年3月22日〜平成29年10月20日
作業所長:板垣徳昭(現場代理人・監理技術者)
職  員:飯沼健太
      

工 事 名:旭川十勝道路 富良野市 富良野北舗装工事
場   所:富良野市
発 注 者:国土交通省 北海道開発局 旭川開発建設部
請 負 者:荒井建設株式会社
工  期:平成29年3月21日〜平成29年12月25日
作業所長:山ア潤司(現場代理人)
職  員:諸橋 薫(監理技術者)
     石澤 陸      


◎報告
 社長による上川南部方面2作業所の現場パトロールを実施しました。落
合停車場線外災害復旧工事は、昨年の大雨被害により、当社も緊急対応し
たところで、今回全面復旧させるため、6キロメートルの区間内に4箇所
点在している工事です。落合駅前にある現場事務所に到着後、板垣所長、
飯沼所員から、工事概要、進捗状況ならびに災害査定内容の説明を受け、
そのあと現場立会と作業状況の確認をしました。通行車両の多さ、特に外
国人の運転するレンタカー、長距離輸送トラックが目立つのには驚きまし
た。社長からは、「交通規制では完全停止・発進時の確認と作業車の出入
りについても合図を確認してから発進・横断を徹底すること」との指示が
あり「了解しました。無事故で作業を終了させます」と板垣所長からの力
強い返事を受けました。

 昼食は、幾寅駅前の「なんぷ亭」でとりましたが、その際STV「どさ
んこワイド」の収録中でしたので、端の方に映っているかもしれません。

 午後からは富良野北舗装作業所に向かいました。通常であればパトロー
ル終了後に富良野道路事務所へ挨拶に行くのですが、開建事務所長が2時
から会議があるとのことで、パトロール前に挨拶をさせていただきました。
開建事務所長自ら缶コーヒーを用意し、「時間までお話を」とおっしゃっ
ていただき、感動しました。常日頃、現場担当者が挨拶を心がけていたの
が実を結んだのだと思います。これからも心がけていきましょう。

 現場事務所では、山ア所長から工事概要の説明を受け、そのあと現場立
会をしました。各工事(改良工事・設備工事・舗装工事)が錯綜している
中での作業であり、当社がどの作業場か把握しにくい現場でした。社長か
らは、「各作業所との打合せと交通管理を行い、事故なく完成させてくだ
さい」との指示があり、山ア所長、諸橋監理技術者、石澤所員は、「分か
りました、引き続き安全管理を徹底します」と答えていました。工事全容
が見えるのは9月末との事で「10月の衛生週間パトロール」は富良野北
舗装工事になりそうです。3年ぶりに社長パトロールの同行で、緊張の一
日となりました。


報告:土木部担当役員 坂上 達哉
平成29年度 第2回「社長現場パトロール」
2017/06/23 (金)
1498541636.jpg
実施日:平成29年6月23日(金)


工 事 名  :旭川(28)宿舎解体工事
場   所  :旭川市
発 注 者  :北海道防衛局
請 負 者  :荒井建設株式会社
工  期  :平成28年10月20日〜平成29年11月30日
作業所長  :椙山吐夢(現場代理人・監理技術者)
職  員  :加藤尋士(主任技術者)

工 事 名  :(仮称)株式会社ヤマザキ旭川工場 低温貯蔵施設新築工事
場   所  :旭川市
発 注 者  :株式会社ヤマザキ
請 負 者  :荒井建設株式会社
工  期  :平成29年5月15日〜平成29年9月15日
作業所長  :及川直人(現場代理人・監理技術者)
オブザーバー:建築技術部 企画提案グループ長 原 一彦
      
◎報告
 まず初めに、本社を出発し旭川(28)宿舎解体工事の現場へ向かいまし
た。到着後、現場の打合せ室において、椙山所長から工事の概要と進捗状
況の説明がありました。配置図において、敷地に対する解体建物の位置や
規模、形状を説明し、新築完了後に解体を行う建物や敷地外の土木工事も
本工事であるとの説明がありました。その後、現場へ移動し、場内仮置き
中の引渡し発生材について、その量と細かい分別状況を確認しながら場内
を巡視しました。解体作業は建物の上屋解体が完了し、1階床を解体して
いました。社長から「重機作業周囲で分別にあたっている作業員への重機
作業半径内立入禁止の指導を引き続きお願いします」と安全指示がありま
した。また、社長は道内に数台しかない圧砕重機を見て、しばらく機能に
ついての説明を聞いていました。
 次に、この現場の解体建物の中で最も高い約30mの高架水槽を見て、す
ぐそばに道道も通っていることから、社長から「高架水槽解体時には、あ
らゆる危険性を考え、慎重に作業にあたるようにしてください」と安全指
示がありました。それから、新築の給水ポンプ室作業場へ行き、基礎コン
クリート打設完了後の埋戻し状況を確認しました。解体工事、新築工事と
もに入居している宿舎に近いことから、「重機や搬出車両が多く稼働して
いる中での近隣への騒音の配慮をしながら作業を進めてください」と社長
からお話がありました。現場職員は、今後も無事故無災害に努めるべく、
心を引き締めていました。

 続いて、(仮称) 株式会社ヤマザキ旭川工場 低温貯蔵施設新築工事の
現場に移動しました。この現場は、既存工場敷地内に馬鈴薯の低温貯蔵施
設を新築する工事です。初めに、現場事務所において及川所長から現場の
概要や進捗状況、現場の特性としてシステム建築について説明がありまし
た。また、原グループ長からBIM (ビルディングインフォメーションモ
デリング)で作成した3Dの図面による工事建物の概要説明がありました。
この作業所では、お客様との打合せ時に3D図面で説明するモデル現場と
して取り組んでいました。社長から「とてもわかりやすくていいですね」
というお話がありました。
 次に、現場巡視をおこないましたが、基礎の埋戻しと桝の設置状況を確
認しました。社長から「これから鉄骨工事等始まってきた際には、株式会
社住金システム建築さんなどの普段あまりお付き合いのない業者さんにつ
いては、特に注意をはらい、コミュニケーションを良好に行い、安全管理
してください。また、当社の規則や安全管理基準に基づいた指導を徹底し
てください」との指示がありました。及川所長は、引き続き無災害で安全
管理に取組むことを約束していました。


報告:建築部長 太田 道徳

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] → Next