旭川市ごみ減量等推進優良事業においてゴールド認定を更新
2015/02/10 (火)
1441771366.jpg
当社は、「旭川市ごみ減量等推進優良事業所」の最高位である「ゴールド(当社を含め8社が認定)) 認定企業に登録されていましたが、このたび、昨年10月に受審した旭川市環境部による更新審査と12月に行われた有識者審査会において「ゴールド」の更新が認定されました。
また、2月5日には認定書授与式が執り行われ、認定証および楯を拝受いたしました。

【H27.2.10 北海道新聞掲載】

※旭川市ごみ減量等推進優良事業所のホームページはこちらです。
 http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/seisouoffice/nintei/H19kettei.htm
平成26年度 11回「社長現場パトロール」
2015/01/22 (木)
1441771195.jpg
工事名 :擁壁改修工事 (代々木5丁目1番先)
場 所 :東京都渋谷区代々木5丁目1番先
発注者 :東京都渋谷区
請負者名:荒井建設株式会社
契約工期:H26年11月21日〜H27年3月25日
配属職員:作業所長 大須賀敏満

工事名 :山谷小学校校舎棟改築工事
場 所 :東京都渋谷区代々木3丁目47-1
発注者 :東京都渋谷区
請負者名:鈴縫・荒井建設共同企業体
契約工期:2013年6月17日〜2015年2月27日
配属職員:作業所長 野澤孝(鈴縫工業)
     職  員 田中誠一

◎報告
 今回のパトロールは、渋谷区発注の土木工事と2月末で竣工を迎える小学校改築工事です。社長には当日の朝、旭川空港を出発し、待合わせ場所の渋谷駅モヤイ像前に直接来ていただきました。そのあと、擁壁改修工事のある代々木八幡宮にバスで移動しました。擁壁改修工事では、大須賀所長から現場の作業状況や近隣の状況対策など、工事全体の説明がありました。そのあと、雨が降っていましたが、作業鋼台の最上部に上がり作業状況の確認をしました。社長から、仮設足場等の作業床の確保と作業機械の一部を鋼台の外にはみ出し作業することがあるので、第三者災害に十分に注意を払うこと、との指示がありました。また、鋼台の許容荷重の確認、特に機械の移動時の許容荷重を十分に考慮し、安全作業でお願いしますと、お話がありました。
 擁壁改修工事をあとにし、山谷小学校校舎棟改築工事にバスで向かいました。現場事務所では、企業体の野澤所長から現在の進捗状況や今日の作業内容、今後の作業予定などの説明がありました。そのとき、仕上げ関連の質問が社長からいくつかありました。 作業は、2階から4階は廊下床の仕上げと家具の設置を残して、ほぼ終了していて、1階は天井関連の作業と廊下の仕上げが残っていました。今後の主な作業は外構工事ですが、当日は雨のため屋外作業は中止されていました。全体として整理整頓、清掃が遅れているため、早急に対応することになりました。
 パトロール終了後、発注者の渋谷区に報告と挨拶に伺いました。そのとき「昭和61年に渋谷駅周辺整備工事をした際、ハチ公像の移設を荒井さんにやっていただいたんですよ。」とお話がありました。社長には、雨の中パトロールを精力的に廻っていただき、ありがとうございました。  

報告:土木建築部長 田中誠一
平成26年度 10回「社長現場パトロール」
2015/01/20 (火)
1441771655.jpg
工事名 :社会福祉法人賛美会 こひつじ保育園改築工事その2
場 所 :旭川市東光4条1丁目
発注者 :社会福祉法人賛美会
請負者 :荒井・畠山 共同企業体
契約工期:平成26年8月12日〜平成27年3月31日
配属職員:作業所長 林 繁久
     職  員 及川直人

工事名 :東部まちづくりセンター(仮称)複合施設新築工事
場 所 :旭川市豊岡3条3丁目
発注者 :旭川市
請負者 :荒井・タカハタ 共同企業体
契約工期:平成26年5月29日〜平成27年2月27日
配属職員:作業所長 椙山吐夢
     職  員 吉田朋治(タカハタ建設)

◎報 告
 今回のパトロールは、本社から比較的近い範囲にある東光の、こひつじ保育園作業所と豊岡の東部まちづくりセンター作業所です。社長と共に本社を出発し、まずこひつじ保育園作業所に向かいました。この工事は、新設園舎の建築と既設園舎の解体を行う工事です。まず現場事務所で、工事の概要や全体工程、進捗状況、当日の作業内容の説明、そして平面図等による施設の説明がありました。そのあと現場に向かいましたが、外装工事についてはほぼ完了していて、内部では1階で壁・天井のクロス貼前の下地処理、2階では壁のボード貼を主に行っていました。内部は天井の下地組もほぼ完了し、天井高も比較的低いことや外部足場も一部を除き解体が終わっているので、今後高所作業はほぼ無いとのことでした。しかし、内部を視察されているなかで社長から、「高所作業は無いとしても、脚立などを使用した作業は今後も続くと思うので、脚立・脚立足場からの転落等に気を付けるよう指導してください。」とお話がありました。作業所職員は、脚立等の適正使用の徹底と転倒転落災害防止に努めることを約束していました。
 次は、東部まちづくりセンター作業所です。現場事務所に到着後、椙山所長から工事概要や現在の進捗状況の報告、今後の工程などについて説明がありました。その中で複合施設という建物の特殊性や別途発注の外構工事業者との連絡調整等の状況についても詳しい説明がありました。その後、仕上施工中の現場に入り車庫部分の装置類や事務室部分の壁塗装仕上、OAフロアーの施工状況等を視察しました。社長から「内装工事などで脚立を使用するときの高所作業や天井面の作業をするときは、特に墜落事故の危険性があるので、作業手順を守り事故に注意して、引き続き作業を進めること。また階段室の足場上の作業も墜落防止を徹底してください。」との指示を受けました。作業所職員は、脚立等の適正使用の徹底と転倒・転落災害防止に努める ことを約束していました。

報告者:建築部長 太田道徳
東川町長より感謝状拝受
2015/01/06 (火)
1441770539.jpg
東川小学校建設、地域交流センター建設工事において行った地域貢献活動に対し、東川町長より感謝状を拝受いたしました。
天塩川天端保護作業 所社会貢献活動により感謝状の拝受
2014/11/26 (水)
1420612714.jpg
天塩川天端保護作業所において、上士別中学校、上士別小学校、中士別小学校に対する社会貢献活動により各学校の校長先生より感謝状を拝受しました。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] → Next