平成29年度 第2回「社長現場パトロール」
2017/06/23 (金)
1498541636.jpg
実施日:平成29年6月23日(金)


工 事 名  :旭川(28)宿舎解体工事
場   所  :旭川市
発 注 者  :北海道防衛局
請 負 者  :荒井建設株式会社
工  期  :平成28年10月20日〜平成29年11月30日
作業所長  :椙山吐夢(現場代理人・監理技術者)
職  員  :加藤尋士(主任技術者)

工 事 名  :(仮称)株式会社ヤマザキ旭川工場 低温貯蔵施設新築工事
場   所  :旭川市
発 注 者  :株式会社ヤマザキ
請 負 者  :荒井建設株式会社
工  期  :平成29年5月15日〜平成29年9月15日
作業所長  :及川直人(現場代理人・監理技術者)
オブザーバー:建築技術部 企画提案グループ長 原 一彦
      
◎報告
 まず初めに、本社を出発し旭川(28)宿舎解体工事の現場へ向かいまし
た。到着後、現場の打合せ室において、椙山所長から工事の概要と進捗状
況の説明がありました。配置図において、敷地に対する解体建物の位置や
規模、形状を説明し、新築完了後に解体を行う建物や敷地外の土木工事も
本工事であるとの説明がありました。その後、現場へ移動し、場内仮置き
中の引渡し発生材について、その量と細かい分別状況を確認しながら場内
を巡視しました。解体作業は建物の上屋解体が完了し、1階床を解体して
いました。社長から「重機作業周囲で分別にあたっている作業員への重機
作業半径内立入禁止の指導を引き続きお願いします」と安全指示がありま
した。また、社長は道内に数台しかない圧砕重機を見て、しばらく機能に
ついての説明を聞いていました。
 次に、この現場の解体建物の中で最も高い約30mの高架水槽を見て、す
ぐそばに道道も通っていることから、社長から「高架水槽解体時には、あ
らゆる危険性を考え、慎重に作業にあたるようにしてください」と安全指
示がありました。それから、新築の給水ポンプ室作業場へ行き、基礎コン
クリート打設完了後の埋戻し状況を確認しました。解体工事、新築工事と
もに入居している宿舎に近いことから、「重機や搬出車両が多く稼働して
いる中での近隣への騒音の配慮をしながら作業を進めてください」と社長
からお話がありました。現場職員は、今後も無事故無災害に努めるべく、
心を引き締めていました。

 続いて、(仮称) 株式会社ヤマザキ旭川工場 低温貯蔵施設新築工事の
現場に移動しました。この現場は、既存工場敷地内に馬鈴薯の低温貯蔵施
設を新築する工事です。初めに、現場事務所において及川所長から現場の
概要や進捗状況、現場の特性としてシステム建築について説明がありまし
た。また、原グループ長からBIM (ビルディングインフォメーションモ
デリング)で作成した3Dの図面による工事建物の概要説明がありました。
この作業所では、お客様との打合せ時に3D図面で説明するモデル現場と
して取り組んでいました。社長から「とてもわかりやすくていいですね」
というお話がありました。
 次に、現場巡視をおこないましたが、基礎の埋戻しと桝の設置状況を確
認しました。社長から「これから鉄骨工事等始まってきた際には、株式会
社住金システム建築さんなどの普段あまりお付き合いのない業者さんにつ
いては、特に注意をはらい、コミュニケーションを良好に行い、安全管理
してください。また、当社の規則や安全管理基準に基づいた指導を徹底し
てください」との指示がありました。及川所長は、引き続き無災害で安全
管理に取組むことを約束していました。


報告:建築部長 太田 道徳
平成29年度 第1回「社長現場パトロール」
2017/04/24 (月)
1493015668.jpg
実施日:平成29年4月21日(金)


工 事 名:富良野川改修工事 ヌッカクシ富良野川分水路地区6工区
場   所:中富良野町
発 注 者:上川総合振興局(旭川建設管理部)
請 負 者:荒井・中田・鈴木経常建設共同企業体
工  期:平成28年8月31日〜平成29年5月10日(予定)
作業所長:脇本大輔(現場代理人・監理技術者)
職  員:古山真嗣(中田組)
     岡本康裕(鈴木組)

◎報告
 まず最初に現場事務所において、脇本所長から工事概要と進捗状況
の説明がありました。工事の進捗は、4月末に完成予定との説明があ
りました。 4月24日から敷鉄板350枚の返却をおこない28日の検
査には間に合わせるとの説明がありました。
 続いて、現場パトロールをおこない工事を見渡せる橋梁から現在の状
況を見ていただきました。
 社長からは「最後まで気を引き締め、撤去返納など作業が残っている
ので、安全に作業を終了させ無事しゅん功検査を迎えるよう」指導を
受けました。


報告:土木部長 山本 裕
平成28年度 第11回「社長現場パトロール」
2017/02/01 (水)
1486100743.jpg
実施日:平成29年2月1日(水)


工 事 名:(仮称)ル・ケレス手稲前田新築工事
場   所:札幌市手稲区前田2条10丁目221-15
発 注 者:三愛地所株式会社
請 負 者:荒井建設株式会社 札幌支店
工   期:平成28年7月15日〜平成29年11月30日
作業所長:渡邊 輝英(現場代理人・監理技術者)
職   員:岩田 朋也
     三島 康生

◎報告
 まず、現場事務所の会議室において渡邊所長から工事概要と工程等の
説明がありました。分譲マンションの間取り等と、工法として珍しい場
所打ち鋼管杭について説明をしましたが、社長から色々と質問がありま
した。また、パソコンに工事写真等を表示しながら、今までの施工状況
と今後の工程の説明を受け、工事の経過が分かり易いと感心されていま
した。その後、吹雪の中、1階躯体施工中の現場に移動し現場パトロー
ルをおこないました。
 社長から「滑り・転倒などの冬型災害に気をつけて作業してください」
と指示がありました。


報告者:札幌支店建築部長 佐々木 秀明
平成28年度 第10回「社長現場パトロール」
2016/12/21 (水)
1482805353.jpg
実施日 :平成28年12月21日(水)

工 事 名:千駄ヶ谷北参道施設(仮称)建設工事
場   所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目25-14
発 注 者:渋谷区役所
施   工:荒井建設 東京支店
契約工期:平成28年6月22日〜平成29年3月24日
作業所長:田中誠一(現場代理人、監理技術者)   
職  員:笠井康宏


◎報 告
 まず最初に田中所長から現場事務所において工事概要と進捗状況の説明が
ありました。工事の進捗は、当初の計画より多少遅れているが、来年の1月
10日までには取り戻せる予定であるとの説明がありました。
 続いて、現場パトロールをおこないました。当日は、1・2階の内装工事、
電気・給排水設備工事、屋上防水工事など、混在して作業が進められていま
した。屋上では、VE提案が採用されたアスファルト防水材について常温で
施工できるためトーチ工法より施工時の体感温度が5〜7℃程度下がり、熱
中症対策にもなっているとの説明がありました。
 社長からは「狭い現場なので、整理整頓を行い安全通路を確保して事故防
止に努めること。また、カーテンウォールの未施工部分を転落防止のために
シートやサインロープ、標識を設置しているが、再度転落の危険要因がない
のか確認すること。外部足場の真下が歩道なので、足場解体時は第三者災害
の防止を徹底すること。」と指導がありました。


報告:東京支店長 今野勝信
平成28年度 第9回「社長現場パトロール」
2016/12/14 (水)
1481867086.jpg
実施日:平成28年12月14日(水)


工 事 名:石狩川改修工事の内ウッペツ川水門建設第1期工事
場  所:旭川市
発 注 者:国土交通省 北海道開発局 旭川開発建設部
請 負 者:荒井・橋本川島・大北経常建設共同企業体
工  期:平成28年9月1日〜平成30年2月16日
作業所長:桶川智也(現場代理人・監理技術者)
職  員:河淵友彦 (主任技術者、橋本川島)
     安田雅彦(主任技術者、大北土建)

◎報告
 この現場は、地元3社による荒井・橋本川島・大北共同企業
体で受注した大型工事であるため、大変注目されています。
 まず初めに、桶川所長が早速緊張しながらも現場事務所にお
いて、最新の3Dプリンターで製作した水門等の構造物模型(
製作途中)を見ながら工事の概要説明がありました。また、こ
の工事は人目につく工事のため、第三者やJRの乗客に対して
工事の目的をアピールする看板等の設置についても説明があり
ました。その際、社長から「やはり、こういう取り組みが大事
です」というお話がありました。

 続いて、現場パトロールをおこないました。当日は天気も良
く、最高の条件でパトロールができ、ブロックの施工状況や水
門の建設場所を確認しました。社長から「これからの時期は、
降雪・気温低下対策として、防寒服を着用するため、視界がせ
まくなったり、音が聞きづらくなったりするので注意すること
。また、重機同士の接触や重機と人との接触が予想されるので
、カラーコーン等による施工区分や通路を明示をしてください
」との指示がありました。桶川所長は、さらに気を引きしめ、
安全管理に取組むことを誓っていました。


報告:土木部長 山本 裕

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] → Next