2016年度 連続台風被害における活動状況
2016/11/29 (火)
1480411145.jpg
台風7号、9号、11号における当社の災害対応をご報告いたします。
平成28年度 第8回「社長現場パトロール」
2016/11/15 (火)
1479366167.jpg
実施日:平成28年11月15日(火)


工 事 名:今井金商活ョ川支店事務所・鋼材センター移転新築工事
場   所:旭川市工業団地4条1丁目887-1/旭川市工業団地3条2丁目35-18
発 注 者:今井金商株式会社
施   工:荒井建設株式会社
契約工期:平成28年7月29日〜平成28年12月20日
作業所長:西森 慎一郎(現場代理人、監理技術者)   
職  員:高島 直樹

◎報告
 事務所棟と鋼材センター棟の2か所を新築している今井金商活レ
転新築工事の現場パトロールをおこないました。まず、現場事務所
において工事概要、工程等の説明が西森所長からありました。工事
内容の説明の際、両棟に採用している基礎鉄筋工事における省力化
を目的とした「鉄筋ジャバラユニット工法」と「エンクローズ溶接
継手」について、資料やサンプルをもとに説明がありました。社長
は建設業界の人手不足や高齢化に対応するために、省力化工法等を
推進する動きが出てきていることに興味を示されていました。

 続いて、鋼材センター棟の現場パトロールをおこないました。倉
庫内部の作業で使用している高所作業車については、安全帯を使用
し作業していることを社長へ報告しました。社長から「内部作業や
外部での足場解体の高所作業では、安全帯を使用し作業するよう指
導を続けてください」と指示がありました。また、元請業者として
指導監督することの重要性についてもお話がありました。

 次に、別の敷地にある事務所棟へ移動し、パトロールをおこない
ました。外部足場も解体され、内装仕上げがおこなわれていました
。社長から「高所作業はほぼ無いと思いますが、脚立作業が多くな
るので適切に使用させ、不適切な使用を見かけたときには、すぐに
注意をしてください」と指示がありました。

 現場職員の高島君が12月1日から次の現場に異動が決まり、少し
寂しそうにしているのを見て、社長から「本来着工から竣工まで現
場にいられることが理想ですが、場合によっては現場を異動するこ
ともあります。次の現場でも頑張ってください」と激励があり、高
島君は少し元気になったようでした。

 最後に社長から「工事も終盤です。無事故で竣工できるよう今後
も安全管理をよろしくお願いします。職員も1名となり忙しくなる
と思いますが、上司へはどんな事でも相談するように」とお話があ
り職員一同、重大災害の撲滅に向かって安全管理をより一層取り組
むことを約束しました。


報告者:建築部第2工事グループ長 伊藤 友希
平成28年度 第7回「社長現場パトロール」
2016/10/26 (月)
1478495641.jpg
実施日:平成28年10月26日(水)


工 事 名:北二線川通常砂防工事
場  所:富良野市
発 注 者:上川総合振興局(旭川建設管理部)
請 負 者:荒井建設株式会社
工  期:平成28年4月20日〜平成28年11月22日
作業所長:安田雄作(現場代理人・監理技術者)

◎報 告
 まず、現場事務所において安田所長から工事概要の説明があり、
その後現場に向いました。現場は、コンクリート工事が完了し周
辺整備と管理用道路の造成工事を施工していました。今年度は、
昨年と違い安田所長一人で現場を采配しているため何かと大変な
状況でした。しかし、安田所長の説明は昨年よりもさらに的確で
分かりやすく、その成長ぶりに社長も感心していました。

 社長から、悪天候のとき現場を見回りをしなければならない場
合は万が一のことを考え、決して一人では行かずに複数で行うよ
う指示がありました。安田所長は、その指示を守ると共に残りの
工事も無事故に完成させることを誓っていました。


報告:土木部長 山本 裕
平成28年度 第6回「社長現場パトロール」
2016/10/13 (木)
1476684030.jpg
実施日 :平成28年10月13日(木)

工 事 名:千駄ヶ谷北参道施設(仮称)建設工事
場   所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目25-14
発 注 者:渋谷区役所
施   工:荒井建設 東京支店
契約工期:平成28年6月22日〜平成29年3月24日
作業所長:田中誠一(現場代理人、監理技術者)   
職  員:笠井康宏


◎報 告
 本日の10時より、社長に東京支店の建築現場「千駄ヶ谷北参道施設建
設工事」のパトロールをしていただきました。
 現場所長の田中統括部長は鉄骨の工場検査のため、社長に挨拶をして
すぐ検査に出かけました。
 事務所において、笠井職員から「今日の作業、基礎埋戻しと設備工事」
などの現場説明がありました。
 社長からは、掘削発生土の管理、鉄骨の仕様や有害物質の対応などの
質問があり、また作業については「狭い範囲での作業で大変だが、安全
通路は確保するよう」指導がありました。
 その後、発注者の渋谷区役所に挨拶に行っていただきました。  

 報告:東京支店長 今野勝信
平成28年度 第5回「社長現場パトロール」
2016/09/16 (金)
1474003872.jpg
実施日:平成28年9月13日(火)


工 事 名 :天塩川改修工事の内 幌延地区堤防天端保護工事
場  所 :幌延町
発 注 者 :国土交通省 北海道開発局 留萌開発建設部
請 負 者 :荒井・北建 経常建設共同企業体
工  期 :平成28年4月16日〜平成28年11月8日
作業所長 :山ア潤司(現場代理人・監理技術者)
職  員 :小坂和之


◎報告
 本社を朝8時に出発して、11時に幌延の天端保護工事の現場事務所に
到着しました。まず初めに現場事務所において、山ア所長から地図を利
用しながら工事概要や現状の説明がありました。社長は、山ア所長の分
かりやすい説明に関心した様子で、また多くの質問もしていました。特
に築堤の高さが場所によって高いところや低いところがあるという説明
に、今回大雨による災害があったので熱心に聞いていました。

 続いて、現場に向かい施工状況のパトロールを行いました。合図員等
が安全チョッキの識別により役割や責任が明確になっていることに、社
長は感心していました。また、現場内には猛禽類が生息しており、重機
の騒音等には慣れているが、親鳥は人の気配を感じると雛をおいて逃げ
る特性があると説明がありまあした。

 最後に社長から、10月上旬完成を目指して再度気を引き締め無事故で
完成するよう激励がありました。現場職員一同は、無事故で完成させま
すと気合を入れていました。


報告:土木部長 山本 裕

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] → Next