平成27年度 第9回「社長現場パトロール」
2015/12/18 (月)
1450683114.jpg
実施日:平成27年12月18日(金)


工事名:富良野川改修工事 ヌッカクシ富良野川分水路地区1工区
場 所:中富良野町
発注者:上川総合振興局(旭川建設管理部)
請負者:荒井・中山経常建設共同企業体
工 期:平成27年9月30日〜平成28年3月25日
職 員:作業所長 脇本大輔    
    職  員 後藤祐輔 阿部利之


工事名:平成大橋新設下部(橋脚工)その2工事
場 所:旭川市
発注者:旭川市
請負者:荒井建設株式会社
工 期:平成27年9月8日〜平成28年3月22日
職 員:作業所長 板垣徳昭
    職  員 藤井元貴 砂原直樹


◎報告
最初に訪れたのは、ヌッカクシ富良野川分水路の工事現場です。
まず現場事務所において脇本所長から熱心に現場の概要について説明がありました。そのとき、社長から説明図がとても見やすいとうれしい言葉がありました。
この現場では、チェーンカッターを回転させて掘削する「TRD工法」やセメント系固化材と硅砂を中圧で噴射することにより地盤改良する「ミッツ工法」、空頭制限下における矢板を圧入する「上部障害クリア工法」という特殊な工法が採用さてれおり、社長は非常に興味深く熱心に説明を聞いていました。
現場パトロールでは、主に「上部障害クリア工法」の施工状況を点検しました。長さ1.2m重さ80sもある鋼矢板を2名の作業員が建て込んでいましたが、手足の挟まれに注意するよう社長から指示を受けました。また、事務所敷地内から道路に出る際、道路の見通しが悪く道幅も狭いので十分注意し、それから現場内がぬかるんでいて滑りやすい状態になっているので転倒事故に注意することともに、重量物を扱う際は腰を痛めないよう注意喚起し無事故で完成してください、とお話がありました。
続いて、平成大橋新設の工事現場に移動しました。
工事事務所では板垣所長から現場の概要説明がありました。この現場では、北海道に4台しかない特殊な鋼矢板施工機械を使用する工法となっていましたが、4台とも施工時期に使用できる機械がなく、結局大阪の業者にお願いして施工したという説明がありました。
現場パトロールでは、外部足場の上から明日コンクリートが打設される型枠の状況を点検し、その打設方法等について色々な質問がありました。
社長からは、足場からの墜落・転落事故が予想されるので安全帯の着用だけではなく確実に使用することと、また事務所から現場に行く通路には表示板等を設置するなど、第3者にもわかるような設備をすることなど指示を受けました。


報告者:土木部長 山本 裕
平成27年度 第8回「社長現場パトロール」
2015/10/13 (火)
1444961349.jpg
実施日:平成27年10月13日(火)

工 事 名:富良野盆地農地整備事業 旭中六北工区区画整備建設工事
場  所:中富良野町
発 注 者:北海道開発局 旭川開発建設部
請 負 者:荒井建設株式会社
工  期:平成27年3月28日〜平成28年2月25日
配属職員:作業所長 渡部 豊
     職  員 峯垣英和 岸田 透 中谷憲治 村上航也

工 事 名:富良野川改修工事 ヌッカクシ富良野川分水路地区1工区
場  所:中富良野町
発 注 者:上川総合振興局(旭川建設管理部)
請 負 者:荒井・中山経常建設共同企業体
工  期:平成27年9月30日〜平成28年3月25日
配属職員:作業所長 脇本大輔    

工 事 名:旭川十勝道路富良野市新富良野大橋橋脚新設工事
場  所:富良野市
発 注 者:北海道開発局 旭川開発建設部
請 負 者:荒井建設株式会社
工  期:平成27年3月28日〜平成27年12月15日
配属職員:作業所長 後藤祐輔
     職  員 安田雄作 藤井元貴 阿部利之

◎報告
最初に旭中六北工区の作業所に向かいました。まず現場事務所において、工事概要や工程等の説明がありました。このとき社長から特に注意している点について質問がありました。渡辺所長は近隣の農家さんへの対応が重要で、特に注意を払っていることを説明していました。続いて、工事パトロールです。現場は雨天が続いていたため重機は稼働していませんでしたが、当日施工を行っていた桝の設置作業の状況をみていただきました。社長から、施工に関して細かい所まで目配りをすること、また周辺の町道が狭いので交通事故に注意すること、それから重機が多数稼動しているので重機と人との接触事故には特に気をつけるように、と事故防止についてお話がありました。
 次に新富良野大橋の作業所に移動しました。ここでは、まず始めに事務所を共同で使っているヌッカクシ富良野川分水路工事の脇本所長から工事概要について説明がありました。社長は施工前の支障案件についての説明を熱心に聞かれていました。続いて、新富良野大橋の現場説明です。藤井君から現場の状況や工程について説明していましたが、社長は今年の春にもパトロールされていたので、現場の状況を想像しながら聞いているようでした。その後、事務所を出て、工事現場に移動しました。社長は橋脚上部に登られ、新富良野大橋全体を熱心に見ていました。社長から、足場と山留の解体は作業計画・手順に基づいて作業させると共に墜落・転落災害等の重大災害に十分気をつけるように、と指示がありました。

報告者:土木部長 山本 裕
東鷹栖中央溝路 ボランティア清掃
2015/10/09 (金)
1444896369.jpg
10月9日、今回で4年目となる大雪土地改良区管理「東鷹栖中央溝路」の草刈り・土砂除去ボランティアを行ってきました。当日は朝から雨でしたが、作業開始時には天候も回復し無事完了することができました。
平成27年度 第7回「社長現場パトロール」
2015/09/29 (火)
1444206046.jpg
工 事 名:名寄南小学校校舎・屋内運動場改築工事(建築主体工事その1)
場  所:名寄市西6条南12丁目
発 注 者:名寄市
請 負 者:荒井・大野組・坂下特定建設工事共同企業体
工  期:平成26年6月21日〜平成28年2月29日
配属職員:作業所長 林 啓一
     職  員 渡邊次男 端孝幸(大野組)
          佐々木慎也(坂下組)

工 事 名:名寄市立図書館建設工事(建築主体工事)
場   所:名寄市西4条北8丁目
発 注 者:名寄市
請 負 者:荒井・大野組・新谷・坂下特定建設工事共同企業体
工  期:平成27年6月16日〜平成29年1月31日  
配属職員:作業所長 井土剛志
     職  員 古田美孝 阿部勇気 及川直人
          野田政弘(新谷建設)
          西牟田純基(大野組)

◎報告
まずはじめは名寄小学校の現場からです。現場事務所において企業体の渡邊さんから、工事の概要や工事工程について説明がありました。その中で社長から、同じフロアーにおいて他工区との境界部の作業区分はどうなっているのか、という質問がありました。林所長から、躯体までは他工区、仕上げが担当工区となっているとの説明がありました。続いて現場パトロールです。1階から3階までの内部と外部での作業状況を点検しました。社長から「内部作業では今後も脚立作業が多いことから墜落・転落災害が予想されるので、脚立の使用については適正な使用方法で安全作業に努めてください。 また別途工事ですが外構工事会社との打合わせもしっかり行い、事故防止に努めてください。それから川が近いので浸水災害にも気を付けてください。」と今後の作業も含め、安全指示がありました。 
 小学校の現場を後にし、名寄大図書館の現場に移動しました。まず初めに現場事務所において井土所長から工事概要と全体工程、進捗状況についてと、安全留意事項などの説明がありました。社長から、最近は中々見られない場所打ち杭や来年施工する天井の木製ルーバー、室内から見える傾斜した梁型など難易度の高い施工方法について、いくつかのご質問がありました。続いて、現場パトロ−ルです。作業は、本杭打設の工区と根掘の工区に分けて施工していました。雨の中足元が悪い状況でしたが、作業の状況を間近で見ていた社長から、「根掘作業中の地山崩れによる重機の転倒、クレーン作業での災害等の重大災害に十分に注意してください。」との指示がありました。
 両現場とも、安全管理への取り組みをより一層すすめることを現場職員一同、約束していました。

報告:建築部長 太田道徳
平成26年度 土木学会技術賞 受賞
2015/06/12 (金)
1443058850.JPG
京極発電所新設土木本工事(前田・西松・戸田・荒井共同企業体)において平成26年度土木学会技術賞を受賞しました。

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] → Next