平成27年度 第5回「社長現場パトロール」
2015/08/21 (金)
1444895056.jpg
工 事 名:ねむのき福祉センター新築工事
場   所:旭川市神居3条6丁目374番地
発 注 者:社会福祉法人旭川ねむのき会
設計監理:株式会社中原建築設計事務所
施   工:荒井建設株式会社
契約工期:平成27年6月13日〜平成27年12月20日
配属職員:作業所長 菊地厚志
     職  員 加藤尋士

工 事 名:平成27度旭川管内資材倉庫兼詰所増築工事
場  所:旭川市近文7線南1号5766番4、上川郡鷹栖町2962番301他
発 注 者:株式会社ネクスコ・メンテナンス北海道
設計監理:株式会社協立建築設計事務所 札幌支店
施  工:荒井建設株式会社
契約工期:平成27年6月19日〜平成27年11月30日
配属職員:作業所長 椙山吐夢
     職  員 高島直樹

社長と共に本社を出発し、先に「ねむのき福祉センター」の現場に到着しました。現場事務所に到着後、菊地所長から現場の工事概要と全体工程、進捗状況、建物の構造、仕上げについてと作業所の安全留意事項の説明がありました。仕上げの説明の中で、外壁の部分ごとにいくつか異なる仕上げ材を用いる施工について社長からいくつかのご質問がありましたが、所長は丁寧に説明していました。それから現場のパトロールを行いましたが、作業員の皆さんは少し緊張しているようでしたが、社長は作業員に気さくに声を掛け、その場が和むという一幕もありました。
 社長から鉄骨建方作業時のクレーン使用の際はクレーンの転倒災害に特に注意すること、また外部足場組立作業時の墜落事故防止には積極的に取組むよう事故防止についてお話がありました。現場職員は、安全管理をより一層取り組むことを約束していました。
 続いて、旭川鷹栖IC料金所の横に位置する東日本高速道路「資材倉庫兼詰所増築工事」作業所へ移動しました。現場事務所に到着後、椙山所長から工事の概要、全体工程と進捗状況について説明がありました。また、設計図で全体の敷地に対する新築建物の位置や規模、形状などを説明していました。特に、工事車両の入退場に伴う制限や工事で使用できる区域制限が厳しいという説明がありました。その中で、工事車両以外の発注者関係車両や警察車両が頻繁に高速道路本線から出入していることに、社長は驚いていました。
 社長から、駐車場入口は見通しが悪いため、充分気をつけるよう指導をすること、また場内においても一般者や関係者の車両と接触事故のないよう交通事故防止を徹底することとの指示がありました。その後、現場へ移動し、鉄骨タッチアップ塗装状況や建物周囲の状況を確認しました。社長より「資材等の飛散事故にも注意を払い、高所作業においては墜落事故のないよう注意してください。」とお話しがありました。現場職員は、心を引き締め安全管理を行なうことを約束しました。

報告:建築部長 太田道徳
第2回ファミリ-現場見学会
2015/07/31 (金)
1443057321.jpg
第2回ファミリ−現場見学会を関係者のみなさまの方々のご協力のもと実施しました。
 最初に本社の会議室で会社と社会との関わりと見学にいく工事現場の説明を行いました。その後、バスに乗って音威子府改良工事現場に向かいました。現場では高所作業車とバックホ−の体験乗車、その後工事中のトンネル内を見学してもらいました。
 はじめて見るものばかりなので子供達はとても興奮し、そして大変喜んでいるようでした。お父さんが仕事している会社を少しでも身近に感じられたと思います。
平成27年度 第4回「社長現場パトロール」
2015/07/28 (火)
1443057154.jpg
工 事 名:一般国道40号音威子府村音威子府改良工事
場   所:音威子府村
発 注 者:国土交通省 北海道開発局 旭川開発建設部
請 負 者:荒井建設株式会社
工  期:平成27年3月28日〜平成28年1月28日
作業所長:大森伸樹
職  員:三國吉典 津田孝広 砂原直樹 稲谷宏樹 安藤 仁

まず初めに現場事務所において大森所長から工事概要等のパワーポイントによる説明がありました。やはり、パワ−ポイントによる説明はわかりやすく、社長は工事の概要をすぐに理解されました。続いて、現場パトロ−ルです。最初に音威子府トンネル工事付近の盛土の施工箇所に行きました。ここの担当職員は、砂原君と稲谷君、津田君です。狭い範囲での施工であるため、社長から特に重機と人との接触事故に十分に注意するようお話がありました。続いて15q離れた神路地区に移動しました。担当は、三國グループ長と営業庶務部から勉強のためにきている安藤君です。ここでは盛土材を製作するため、堆積土とセメントを混ぜ、攪拌する作業しています。社長はその工法に興味をもたれ、熱心に説明を聞いていました。
 最後に社長から運搬路走行時のスピ−ドの出過ぎと重機と人との接触事故に注意するよう指示がありました。この作業所は、中堅の津田君が先生となり、若手の砂原君と稲谷君を指導しており、お互いにたくましくなっていました。また、色白な安藤君も少し日焼けし、たくましくなり、積極的に先輩にわからないことを聞き取りメモしてる姿に社長は関心していました。外気温が30℃を超える暑い中、がんばっている現場です。ぜひ、無災害で竣工するよう願っています。

報告:土木部長 山本 裕
当麻中学校生徒会長より感謝状拝受
2015/07/24 (金)
1443057055.jpg
本店土木事業本部ボランティア活動の一環で毎年行っている当麻町立当麻中学校グランド整備作業に対し、同校生徒会長より感謝状を拝受いたしました。
平成27年度 道開発局優良工事表彰・技術者表彰を拝受
2015/07/24 (金)
1443056899.jpg
平成27年度 北海道開発局優良工事等表彰式において北海道開発局長より、下記のとおり受賞しました。

 表彰工事 :一般国道12号 旭川市 北旭川大橋補強外一連工事
 表彰技術者:岡崎 克勅

Prev ← [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] → Next