HOME > 荒井建設株式会社 「北海道新幹線」工事について



 
 


  北海道民待望の「北海道新幹線」が、2016年3月26日に開業しました。
  
  当社は、2008年から「北海道新幹線」工事に参画し、現在もいくつかの

  工事を継続して行っています。
  
  なかでも注目していただきたい工事は、「北海道新幹線 知内工区」です。

  「青函トンネル」の函館側出口から「湯の里知内信号場
(旧:知内駅)

  までの約2キロメートル(第二湯の里高架橋)(写真1)までが施工範囲と

  なっており、開業フィーバーの最中、頻繁にニュース映像や新幹線特集番組
 
  などで放映されています。

  上記、知内工区の中にある「第二湯の里高架橋」は、1985年から86年に

  かけて「津軽海峡線」在来線工事として当社が施工し、現在は同じ場所を

  「北海道新幹線」対策工事として施工するという巡り合せがあります。

  また、皆さんにお馴染みにところでは「サントリー 缶コーヒーBOSS

  のCMで、新幹線車両(H5系)が「青函トンネル」の函館側に抜け出てくる

  シーンがあります(写真2)。

  CM撮影時には施工を中断し、静かにしていたという秘話もありました。 
    
  今も、七飯町で「北海道新幹線 函館総合車両基地」(写真3)
                
  ニセコ町では「北海道新幹線 昆布トンネル」を施工しています。

  開業により、注目が集まる「北海道新幹線」ですが、全社一丸となり

  無事工事を完成させ、北海道新幹線の旭川延伸めざして頑張ります。

       
         ◆写真1
          
         
※「湯の里知内信号場」から「青函トンネル」を望む(長く伸びる第二湯の里高架橋)。 

         ◆写真2
        
      
    ※サントリーHPより画像をキャプチャー(青函トンネルと第二湯の里高架橋)

        
         ◆写真3
         
         
※青森方から「函館新幹線総合車両所」を望む(奥は新函館北斗駅と駒ヶ岳)。

   







     

Copyright(C) 2007.Arai Kensetsu.Co.,Ltd. All rights reserved.