1月25日、北海道は「まん延防止等重点措置」適用の決定を受け、全道域を対象とする、まん延防止への取組内容を決定しました。また、オミクロン株による感染症は、ほとんど軽症でとどまっているものの、全国で感染者数の急激な増加が続いています。
当社においては、当社役職員が感染者・濃厚接触者となり、入院や自宅待機する役職員が増加した場合、事業の継続に支障を及ぼすことも十分想定される状況です。
このことを踏まえ1月27日(木)より、当社における新型コロナウイルス感染防止強化対策を一部改定し、下記のとおり実施いたします。
なお、当社のコロナ対応要領「レベル1」における感染防止対策は引き続き実行し、感染防止に努めてまいります。


期 間
:令和4年1月27日(木)~2月20日(日)

【全社共通】
■各自で自分の「行動履歴」を記録する
■出勤者数の7割減を目標に在宅勤務・時差出勤を実施する
■取締役会、中央安全衛生委員会などの全社的会議は原則Web会議システムを使用し開催する
その他社内会議や打合せについては万全な感染対策のもと開催する
■混雑している場所や感染リスクが高い場所への外出・移動を控える
■不要不急の都道府県間の移動は極力控える
■感染防止対策が徹底されていない飲食店等の利用を控える
■飲食の際は、4人以内など少人数、短時間で、大声を出さず、会話の時はマスクを着用する

―――――――――――――――――

なお、営業体制を在宅勤務でご対応させていただく場合がございます。皆さまには大変ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。